東京で外壁塗装をする際インターネットで業者を探す方も増えている

SITEMAP

外壁塗装

外壁塗装一括見積もりサイトの見極め方

東京で外壁塗装をする際に、インターネットを通じて業者を探す方も増えています。なかでも、複数の業者の見積もりを比較することが出来る一括見積もりサイトはよく利用されているサービスのひとつになっています。現にインターネットを覗いて見ますと、多くの一括見積もりサイトを目にすることになります。今回はそんな東京での外壁塗装の一括見積もりサイトを利用する際に注意する点について紹介します。
まず運営している会社はどんな会社なのかチェックする。一括見積もりサイトの運営会社を調べたことがありますでしょうか。実は運営会社を確認するとそのサイトがいいサイトなのかどうかを見極めることが出来ます。例えば、サイトの運営者をよく見てみると、その会社のメイン事業が外壁塗装とは関係のないただのホームページの制作会社であることが良くあります。このような場合、外壁塗装の知見があるスタッフが運用しているケースでは良いのですが、単に「一括見積もり」ビジネスのノウハウを持っており、そのノウハウにより運営されているサイトの場合、担当者に十分な知識がなく、満足のいくサービスを受けれないケースがあります。逆に、外壁塗装に関連する事業を展開しているコンサル会社などの場合、知見はしっかりしていることが多いでしょう。
このように、一括見積もりサイトも中身により質は様々です。東京で良いサービスを見極めて使いましょう。

15年目の外壁塗装

20年ほど前に東京で自宅を新築しました。それから15年後、今から5年ほど前に屋根を含めた外壁塗装をする事になりました。東京で外壁塗装をしたきっかけは屋根でした。下から見上げてみても分かるほどに屋根の色が剥げ始めていたのです。それほど降雨量の多い所ではないのですが、もともと濃い緑色だった屋根の色が所々まだら模様になっていました。業者に見積もりを取ってもらう時に、ついでだから外壁の一部とポーチも再塗装してもらう事にしました。
外壁はクリーム色ですが、これもまた所々黒ずんできていました。特に庇の下などの奥まった所に黒ずみが目立っていた事から考えると、クモの巣の跡に埃などが溜まったのが原因だと思います。白色のポーチの汚れが目立った箇所は足元部分です。雨の日の泥跳ねの跡が段々と広がっていったようです。二日がかりで足場を組んで、それから外壁塗装が始まりましたが、作業は一週間以上かかったと思います。その時に外壁塗装は梅雨時にやるもんじゃないなと思いました。雨が降ると作業も出来ませんから仕上がりも遅れます。足場が組んであって玄関への出入りも結構大変でしたので、なるべく早く終わらせてもらった方がこちらも助かります。
仕上がった屋根および外壁は生き返ったように鮮やかな色になっていました。できるだけ耐久性の高い塗料を使ってもらうように要望したので、しばらくは東京で外壁塗装する必要もないと思います。

外壁塗装は見栄えだけのためではありません

新築住宅も15年から20年もすれば、あちらこちらのリフォームのタイミングとなります。リフォームと言えば、住み易くするためのリフォームや水周りの設備機器の入れ替えを含むリフォームを考えがちです。外壁も埃や排ガスで汚れたり、細かいクラックが入ったりもします。しかし外壁は美観上のものだからと、放置される方も結構居られます。
東京で外壁塗装をすればもちろん外観は見違えるほど綺麗になりますが、外壁塗装は単に外観を綺麗にする為のリフォームではありません。細かいクラックが走っていると、そのクラックが薄い紙1枚が入る程度の隙間でも、そこから雨水が浸透し梁や柱の住宅の躯体を腐食させる危険性があるのです。また塗膜が劣化する事で表面が雨をはじく機能がなくなります。美観上もさることながら、こうした住宅の寿命を短くしてしまう原因を防止し、住宅の寿命を長持ちさせるために必要なリフォームなのです。
東京では一般的に、外壁塗装のタイミングはクラックの入り具合と、塗膜表面を指でなぞると白い粉が着くタイミングだと言われています。こうした外装塗装が重要なリフォームである事から、東京のマンションでは毎月積み立てている修繕費から適時外壁塗装を行っているのです。足場を組み、少し大変なリフォームで費用も掛かる為、戸建て住宅の場合には、自助努力としてマンションの様に毎月積み立てて適時外壁塗装を行う準備をしておくのも1つの知恵と言えるでしょう。


見積もりなどを素早く出して、作業も生活に支障が出ないようにスピーディーに行ってくれるのが外壁塗装東京の素晴らしさだといえるでしょう。すべておまかせしてしまえる東京の外壁塗装業者はこちらの負担がかなり減るのでおすすめです。